«

»

4月 10 2013

パラレルワールド

「心のフィルター」で、
人は今までの体験した記憶をベースにして現実社会を捉えてみているから、
同じ世界を複数で見ていても、
人によって受け止め方が違うと言うことを書きました。

同じ現象なのに、
人によっては楽しいことであったり、
ある人によっては苦しみであったりする。

これってどうよ

何が?(笑)

同じ現象なのに、人の数だけ世界がある

パラレルワールド

どの世界に住みたいか、
心の置き所、心の位置をどこにするか

もう、自分で決めていいね

「昔の」自分の記憶に基づいて判断しているとして、
それが、「苦しい」って感じるのであれば
「今」の私には、「合っていない」んじゃないかなあって思うの。

「私」は、楽しいことしか経験しません!

だから、苦しいと感じている自分の判断は、やっぱり、今の自分にはもう要らないのだなと思います。


小さい頃に来ていた衣服は、
大きくなると小さくなって窮屈になる

苦しいなと感じることは、
「もう小さいから、新しい衣服に着替えてよ」
って、心の中の誰かさんが叫んでいるのかもしれませんね

今までの習慣や考え方で、面倒だなとか、つまらないなとか、苦しいなとか、嫌だなとか、辛いな、とか
そんな気持ちになる判断をしていたら、

一旦立ち止まって、客観的に見てみる

なかなか習慣は変わらないけど、やっぱり意識して「新しい衣服に着替えて」いこうと思うのです。

だって同じ世界に居ながら、それぞれのパラレルワールドにいるんだとしたら、

楽しい世界の方がいいのに決まってるもの♪